コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

からだはココロ

基金訓練中、こいうい人がいた。

かまってちゃん。

自分の話しかしない。自慢しかしない。自分から話す時は100%自慢。

周りの興味が他の人に移ると急に具合が悪くなる。

授業についていけなくなると過呼吸症を引き起こす。


3ヶ月も共にすると、だんだんそのリズムもわかるようになり

誰もが ああそろそろかな

と思う頃に過呼吸になる。


終了課題の追い込みで、この段階でもしやでるかも・・・・

出たらもう終わりだな・・・というタイミングでやはり出てくれた。


私は作業を諦めて彼女の頭を撫でた。




わかってるよ・もういいんだよ・そんなになにもかもせおわなくてもいいんだよ・


自己弁護の自慢話・いっぱいいっぱいな自分なのに。もっと自分を許してあげようよ・



人のことばかりでない。


肉体労働のバイト、派遣先に行きたくない。

でも行くつもりでいたのに

ココロは

ギックリ腰を引き起こしてくれた。

まずいぞ。稼がねばならんのに。


ココロが病気を引き起こすからくりは先刻承知だ。

50を迎えてから

いや彼女の死を知った日から

私はいつも死を意識してしまっている。

他人のことばかり気にして気にして

気を遣ってばかりの友人は

まだ若くして亡くなってしまった。

ワタシハチガウ。ワタシハチガウ。

ココロは叫ぶ。


ココロはきっと

まだ完成していないHPの為に腰を悪くしてくれたらしい。


かつて、嵐を呼ぶ女と呼ばれた過去が懐かしい。

潜在意識は天変地異さえも引き起こす。

電化製品など簡単にぶっ壊せる。


よしよし。女王健在なり。

しかしながら、腰は痛いぞ。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コンフォートゾーン

基金訓練で教わったSEO対策はとても興味深かった。

その先生曰く「これらの話は自分が100万円出して聞いた話も多々あるんだよ」と。

なるほど 100万円のセミナーが普通の金額だったころを思い出した。


「思い出す」 ほど遠ざかっていたのか。


嫌な予感。コンフォートゾーン外だったのか。

すぐさま先生にこう言った。「先生のお話はそれだけの価値があると思います。儲かるはずなのでその節にはぜひ1

00万円お支払いいたします。」

「いやあ、みんなそういううんだよね」

私はむっとした。まじめに言っているのに。


その後、その教科の成績が思っていたより悪かったので

その先生への信頼も薄らいでしまった。


なんだ、先生はちゃんと評価できてないじゃない。この私を見抜くことができないなんて。



終了スピーチでこう伝えた。「私の成績をみた限り先生の見る目は大したことはない。故に100万円は払わない」と


なんて生意気な生徒だろう。

「毎月海外旅行している」とか「週にこれだけ不労所得がある」とか

ついつい目先の金額に惑わされていたわ。くわばら。くわばら。




このころには

私のコンフォートゾーンはすっかり回復していたはずだ。

セルフエスティームもエフカシィもばっちり健在だ。

よしよし。いいぞ。


コンテントヘッダー

コーチ

自称 コーチで心理カウンセラーという方に出会った。

次世代リーダー育成講座のセミナー担当をしていたとき、申込者のプrpフィールでもっとも多かった職業かもしれない。
知り合いのO氏も言っていた。コーチだけで食べている人は本当に限られているよ。


なるほどそうかもしれない。くだんのその人も別に職業を2つ持つ。

かくいう私もそうだが、これがいけないのだ。

好きなその職業で食えない.

そんな自己実現の方法は失敗だ。


これに早く気づいて軌道修正せねばいけない。

この愚かな間違いないに気づかず

私はかつて自分の恩師に歯向かってしまった。


すぐに気がついたが

関係を元に戻すには、

私自身が変わらねばなるまい。

何度も何度も修正され

やっと道が拓いてきた。

コンテントヘッダー

The Highest goal

スタンフォード大学で教える創造性トレーニング


著者 Michael Ray スタンフォード大学経営大学院教授。同校で25年以上続く人気講話「ビジネスにおける個人の創造性開発コース」を担当。ノースウェスタン大学で社会心理学の博士号など4つの学位を取った後、広告代理店勤務を経て67年スタンフォード大学経営大学院の教員となる。いったんハーバード大学に客員教授として転出したが、74年にスタンフォード大学に戻って教授となる。もともとはマーケティング分野を専門としていたが、イノベーションやクリエイティビティ(創造性)についての洞察を深め、90年代後半からは創造性開発の研究に専念。eBayの創業者ジェフ スコール、米国を代表する経営コンサルタントのジム・コリンズら、ビジネス界で活躍する多くの人材を教え子に持つ。


ふと立ち寄ったBook Offで見つけたこの本は105円。
2004年の出版時には興味がなかったのか
出会うことができなかった。

レイ教授は直接一人ひとりに語りかけ、人生における最高のゴールを見出して追求するために何ができるかを問う。その教えにとことんまで従えば、人生の方向づけが大きく変わることはほぼ間違いない。お定まりの道をたどるのをやめ、自分だけの人生行路を切り開くようにという激励のおかげで、私は最高のゴールへいたる道を発見したのである。ージム・コリンズ

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

マインド書道

「マインド書道」とは、、従来の厳しい所作の書道ではなく

自らを ココロ(脳)の底から開放し

尚且つ、楽しんで書くことにより

美しい字が書けるようになる という

新しい発想の書道です。



それは芸術として 書道の亜流かもしれません。

まだ始まったばかりという

歴史の浅さから観ても

『習字」の領域を超えていないかもしれません。

しかし、イメージ通りの作品が仕上がったとき

そこには


自分が イメージをコントロール出来るという

素晴らしい事実が残るのです。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:さにー
毛筆筆耕 春風工房主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。